頻出語法(13)「良い意味で」の英訳は?

「良い意味で」を英語に直すと、まず、思い浮かぶのは、in a good meaningin a good senseでしょう。しかし、実際は、文脈に合う使い方が必要です。

問題1 「彼女はその言葉をいい意味で使った」She used the word in a good [meaning/ sense].

どちらが正解でしょうか?

正解は sense. 語義の意味で述べているので。

問題2 「彼はいい意味で人と異なる」

He is different from other people in a good [meaning/way].

どちらが正解でしょうか?

正解はwayです。in a good wayはin a positive wayとも言います。肯定的に捉えた意味で言っていることを相手に伝える時に使います。

イメージと英単語(8)reject

rejectは「(申し出、提案)を拒絶する」という意味。<例>Their plan to build a casino was rejected by the government.(彼らのカジノ建設の計画は政府によって却下された)

頻出語法(12)「習慣」は英語では?<解答>

前回の問題の解答は以下の通りです。

(1) It is a business (practice) to exchange business cards between the two businessmen. 商慣習などの「社会的な習慣として意識的に行われる慣習」として使われる。

(2) I have got into the (habit) of watching TV while eating meals.個人が無意識のうちに身につけた癖、特定の状況で通例となった行為を表す。

(3) In Japan it is the (custom) for people to take off their shoes at the entrance.社会的にまたは歴史的に文化として形成された習慣・慣習・慣例を表す。

(4) Some people defy the (convention)s of society.「伝統的に行われる習慣」つまり「しきたり」を意味する語。葬式などで喪服を着るようなしきたりを指す。

(5) My (rule) is to go to the gym on weekends for retaining my health.「早起きの習慣」のように、そうするのが賢明と考えて個人的に行っている習慣を指す。

頻出語法(12)「習慣」は英語では?<問題>

「習慣」を英語で言うと、habit, custom, practice, convention,ruleですね。では、クイズです。下の英文にこの単語のいずれかを入れてください。

(1) It is a business (         ) to exchange business cards between the two businessmen.

(2) I have got into the (         ) of watching TV while eating meals.

(3) In Japan it is the (        ) for people to take off their shoes at the entrance.

(4) Some people defy the (            )s of society.

(5) My (        ) is to go to the gym on weekends for maintaining my health.

解答は次回に!

頻出語法(11)usuallyとoftenの違い

頻度を表す副詞でよく登場するのが、「大抵」とう意味のusually,「よく」という意味のoften. 他の副詞も含めて数字で頻度の違いを列挙すると下記の通りです。

頻度 副詞  英文  和訳

100% always Jenny always jogs in the morning.(ジェニーはいつも朝にジョギングをします)

90% usually  I usually get up early in the morning.(私は大抵朝早くおきます)

80% generally I generally don’t go out to bars.(ふだんは酒場に飲みに行ったりしません)

60% often My father often leaves his umbrella somewhere.(父はよく傘をどこかに忘れてくる)

50% sometimes Drugs sometimes have serious side effects.(薬は時には重大な副作用をもたらすことがある)

30〜40% occasionally I occasionally sing in the shower.(たまにシャワー中に歌を歌うことがある)

20% rarely I rarely get sick.(私はめったに病気にならない)

10% hardly ever We hardly ever spoke face to face.(私たちはめったに面と向かって話したことはなかった)

0% never I never smoke.(私は絶対にタバコを吸わない)

頻出語法(10)お疲れ様

英語でそのまま言い表せない、日本語独特の表現です。以下の状況に従って、言い表しましょう。

  • 出会った時のお疲れ様 → 「こんにちは」、「元気ですか?」などの英語
  • 別れ際のお疲れ様 → 「気を付けてね」、「また明日」などの英語
  • 相手の労をねぎらうお疲れ様 → 「よくやったね!」などの英語

まず、出会った時のお疲れ様

Hi!(カジュアルな表現)/ Hello./  How are you?

What’s up?  / How’s it going?親身を出すにはファーストネームをつけると良いでしょう。

次に、仕事の終わりの挨拶として

Have a nice (good) night.
See you tomorrow.
Have a good weekend.
See you on Monday.
Take care!(気をつけて)

相手の時間への配慮で、使い分けます。

労いの言葉としての「お疲れ様」

Good job.
Well done.
You did good today.
It was great.

テストやプレゼンの後に、相手の労をねぎらうなら、onを足して使うと良い。

Good work on your examination! Good job on your presentation!

頻出語法(9)無視する−2

「無視する」の英語の代表的なもう一つは、neglectです。「本来、果たすべき義務や責任を、怠慢により無視したり軽視する」という意味です。(例)The father neglected his child.(その父親は子供の面倒を見ない)/He neglected his studies.(彼は勉学を怠けた)

頻出語法(9)無視する(1)

日本語の「無視する」を英訳するとき、まず頭に浮かぶのは、ignore, neglectですね。まず、ignoreは「人や事実を存在に気づいても、意識的に無視する」という意味です。(例)They ignored me. 「彼らは私を無視した(私の存在を意識的に無視して)」

頻出語法(8)〜しないで

「〜しないで」の英訳はwithout〜ing, instead of〜ingですね。両者は同じように使えません。それぞれの本質的な意味の違いを知らないとうまく使いこなせないです。まず、without ~ing の本質は「~することなしに」であって、これは「~することありで」と対立するものであることがわかる。例えば「彼は私にさようならを言わないで立ち去った」の場合は、「私にさようならを言うことありで立ち去る」ことも「私にさようならを言うことなしに立ち去る」こともできる。このように「~することありで」が可能、つまり二つのことが両立可能であることを前提にするのがwithout ~ing であると考えることができる。He left without saying good-by to me. 「彼は私にさようならを言わないで(←私にさようならを言うことなしに)立ち去った」

一方、instead of ~ing の本質は「~する代わりに」であって、この場合は「~ することありで」が成り立たない。例えば、「いつも彼はエレベーターに乗らないで階段を歩いて上がる」の場合は、そもそも「エレベーターに乗って同時に階段を歩く」のは無理だから「エレベーターに乗ることありで階段を歩いて上がる」ということはあり得ない。従って「エレベーターに乗ることなしに階段を歩いて上がる」ということもあり得ない。「エレベーターに乗る」ときには「階段を歩いて上がる」ことはできず、逆に「階段を歩いて上がる」ときには「エレベーターに乗る」ことができないのだ。このように二つのことが両立不可能であることを前提に用いるのがinstead of ~ing であると考えることができる。

He usually walks up the stairs instead of taking the elevator. 「いつも彼はエレベーターに乗らないで(←エレベーターに乗る代わりに)階段を歩いて上がる」

以上を改めて整理すると、「~することありで」があるから「~することなしに」(without ~ing)もあるわけであって、「~することありで」がないときには「~することなしに」(without ~ing)もなく、そのときには「~する代わりに」(instead of~ing)と言うということになる。

イメージと英単語(7)upset

形容詞upsetは「動揺して、うろたえて」の他に、「腹を立てて」があります。特に「腹を立てて」は「ムカムカして腹を立てている」のイメージです。(例)I’m really upset with you.「あなたには本当にムカつく」下の写真は女性が男性に「枕で殴りたいほどムカついている」のがよくわかりますね。