頻出語法(10)お疲れ様

英語でそのまま言い表せない、日本語独特の表現です。以下の状況に従って、言い表しましょう。

  • 出会った時のお疲れ様 → 「こんにちは」、「元気ですか?」などの英語
  • 別れ際のお疲れ様 → 「気を付けてね」、「また明日」などの英語
  • 相手の労をねぎらうお疲れ様 → 「よくやったね!」などの英語

まず、出会った時のお疲れ様

Hi!(カジュアルな表現)/ Hello./  How are you?

What’s up?  / How’s it going?親身を出すにはファーストネームをつけると良いでしょう。

次に、仕事の終わりの挨拶として

Have a nice (good) night.
See you tomorrow.
Have a good weekend.
See you on Monday.
Take care!(気をつけて)

相手の時間への配慮で、使い分けます。

労いの言葉としての「お疲れ様」

Good job.
Well done.
You did good today.
It was great.

テストやプレゼンの後に、相手の労をねぎらうなら、onを足して使うと良い。

Good work on your examination! Good job on your presentation!

頻出語法(9)無視する−2

「無視する」の英語の代表的なもう一つは、neglectです。「本来、果たすべき義務や責任を、怠慢により無視したり軽視する」という意味です。(例)The father neglected his child.(その父親は子供の面倒を見ない)/He neglected his studies.(彼は勉学を怠けた)

頻出語法(9)無視する(1)

日本語の「無視する」を英訳するとき、まず頭に浮かぶのは、ignore, neglectですね。まず、ignoreは「人や事実を存在に気づいても、意識的に無視する」という意味です。(例)They ignored me. 「彼らは私を無視した(私の存在を意識的に無視して)」

頻出語法(8)〜しないで

「〜しないで」の英訳はwithout〜ing, instead of〜ingですね。両者は同じように使えません。それぞれの本質的な意味の違いを知らないとうまく使いこなせないです。まず、without ~ing の本質は「~することなしに」であって、これは「~することありで」と対立するものであることがわかる。例えば「彼は私にさようならを言わないで立ち去った」の場合は、「私にさようならを言うことありで立ち去る」ことも「私にさようならを言うことなしに立ち去る」こともできる。このように「~することありで」が可能、つまり二つのことが両立可能であることを前提にするのがwithout ~ing であると考えることができる。He left without saying good-by to me. 「彼は私にさようならを言わないで(←私にさようならを言うことなしに)立ち去った」

一方、instead of ~ing の本質は「~する代わりに」であって、この場合は「~ することありで」が成り立たない。例えば、「いつも彼はエレベーターに乗らないで階段を歩いて上がる」の場合は、そもそも「エレベーターに乗って同時に階段を歩く」のは無理だから「エレベーターに乗ることありで階段を歩いて上がる」ということはあり得ない。従って「エレベーターに乗ることなしに階段を歩いて上がる」ということもあり得ない。「エレベーターに乗る」ときには「階段を歩いて上がる」ことはできず、逆に「階段を歩いて上がる」ときには「エレベーターに乗る」ことができないのだ。このように二つのことが両立不可能であることを前提に用いるのがinstead of ~ing であると考えることができる。

He usually walks up the stairs instead of taking the elevator. 「いつも彼はエレベーターに乗らないで(←エレベーターに乗る代わりに)階段を歩いて上がる」

以上を改めて整理すると、「~することありで」があるから「~することなしに」(without ~ing)もあるわけであって、「~することありで」がないときには「~することなしに」(without ~ing)もなく、そのときには「~する代わりに」(instead of~ing)と言うということになる。

イメージと英単語(7)upset

形容詞upsetは「動揺して、うろたえて」の他に、「腹を立てて」があります。特に「腹を立てて」は「ムカムカして腹を立てている」のイメージです。(例)I’m really upset with you.「あなたには本当にムカつく」下の写真は女性が男性に「枕で殴りたいほどムカついている」のがよくわかりますね。

 

新時代の単語集

リーディングの力に伸び悩む人に朗報です。新時代の単語集を開発しています。長文を読むとき、内容に踏み込めない原因は内容展開を把握できない他に、単語力の不足が原因です。短期間で覚えやすいように、12の分野で構成したものです。単語の配列はストーリ構成なので飛躍的な速さで覚えられます。各単語には画像がついています。

<例>language  

名 言語、言葉  native language [=mother tongue body language 身振り言語  spoken language 話し言葉形linguistic 名linguistics 言語学